Blog代表のブログ

戦略的就職活動

2020.12.3

先日「転職セミナー」を行いました。

調べても調べててもよくわからんデザイン業界について、スライドをベースに詳しくお話させていただきました。
(動画で視聴したい方は私まで〜)

2時間お話をするにあたり、一番言いたいことがもしかして薄れてたり言えてなかったりするのかなと思ったので、こちらに。

就職活動、転職活動って競争ですよね。

複数いる人の中から一人を選ぶ。

競争=戦いです。

戦うには計画が必要です。

戦略です。

戦略を練らないといけないです。

戦略=自分のできることの足し算

で組み立てないといけません。

自分ができないことで戦略を立てる人はアホウです。

そして、就職活動の決定権を持つのは自分でしょうか?

採用側の企業です。

応募者には採用・不採用を決める権限は0%です。

ということは

自分のできることの足し算 > 採用側が求める能力・人材

の図式を成立させねばなりません。

逆に言えば、その図式を成立させれば、絶対に勝てる戦いです。

今の自分の足し算で「採用側が求める能力・人材」を上回れるか?

上回っていたら努力などしなくていいのです。

ささっとポートフォリオを作成して、早いこと次のステージに進んでしまいましょう。

時間は有限です。

上回れていないとしたら。

「どことどこが足りないのか?」

「どうすればそれを克服(または順応)できるか?」

自分のどこが「採用側が求める能力・人材」を満たしているか?(=自分のストロング・ポイント)

そういう自己分析とデザイン業界の分析という作業が絶対に必要になります。

物事には自分でどうにかなることと、自分の力ではどうにもならないことがあります。

自分の力でどうにかなることは全力でやれる人。

女神はそういう人に振り向きます。

そういう人は見たらわかります。

ポートフォリオを見ても、面接の立ち居振る舞いを見ても。

自分がやったことがある程度正当に評価されること。

実が人生においてめったにあることではないと思います。

人はいろんな錯覚や常識、社会や他人の評価の中でしか生きていないように私には見えています。

自分の人生は自分で切り拓いていく。

そういう人に女神は振り向くはずです。

私はそういう人の力になるために、このお仕事をしています。

  • archive

[ about ]

画像:ブログの著者:坂元剛

このブログについて

代表の脳内を大公開。思ったことを思ったまんまに書き殴るタイプのブログです。子どもの頃から基本的にフザケてたら、社長になってたり、40越えてたり、パパになってたりしてた人間の駄文です。

ページのトップに戻る