Blog代表のブログ

コロナを通して見える景色

2021.1.12

またまた緊急事態宣言が発令るとのことで、私が思うことをば。

[国やら都道府県やら]

私みたいなそのへんのおっさんよりかはるかに賢く、はるかに知識豊富で、はるかに適した選択肢を取れる方々の集合体であるはず。

飲食店に20時までの営業要請や、補助金の方法にしても、それが最適解とは思えない。

とっても日本人らしい、周りの意見を意識しまくりで、結果意味不明な方策が取られているっぽい感が全開です。

ウイルスが冬に感染率が高まるのは誰でも予測できるわけですし、それに対して準備がなさすぎる。

医療体制の整備、感染予防への法規制、全く何もしてなかった。

病床数が足りないのではなく、コロナ感染患者を受け入れる病床数が足りない。

逆にコロナ感染患者を受け付けていない病院は患者が来なさすぎて、逆の意味で医療崩壊という。

なぜなんだろう…。

[大人数での会食な方々]

完全な私見として言いますよ。

これはもう無知と無関心だと思います。

感染症への知識、今回のコロナウイルスへの見識、自分で調べた人って、ほっとんどいないと思います。
調べなくても誰かに聞くとかでもいいかと思います。

テレビを見ない、ニュースを見ない。

だから、社会で今何が起こっているか知らないし、興味がない。

それが許される世の中。

社会人ということは、社会を構成する一員。

社会の状況を把握する収集する義務がある。

「どっかの誰かが勝手にやってくれること」

という意識の人が圧倒的に多いということでしょう。

でも、これが自由な国である証明でもあります。

人に細分なく自由を与える限界なのだろうと思います。

[飲食店の方々]

ちゃらんぽらんなお役所、ちゃらんぽらんな国民の犠牲になり、本当に大変だと思います。

でも、私も一応経営者なので、春先の時点でコロナを気にしなくてもいい社会に戻るまで最悪数年かかるかもしれないというシミュレーションはしてました。

感染症やウイルスのことを調べ、他国の国策と結果等を情報収集し、過去の感染症の歴史を調べてみたリ、大衆心理から分析して、今のような状況になったときに、どういうプランを実行するか?を考えてなかったのかな、と思います。

たまたま、私が影響を受けにくいビジネス、逆に新たな価値が生まれたビジネスだったから、のんきに発言できるのかもしれませんが、私は最悪の状況と、いつまでビジネスを継続するかのプランニングはしてました。
自分のお仕事はそういうお仕事も含めてのお仕事だと思っています。

[現代社会の弱点]

「マスクなしの会話」
「換気が悪い場所での空気感染」

が今回のコロナウイルスの大きな感染源だということは1年も経ったので把握され始めています。

これが現代の社会と非常に相性が悪い。

都市集約型社会。

都市は合理的です。

仕事、生活、同じ場所に人が多く集まれば集まるほど、移動や時間にかかるコストが削減されます。

これが都市の理屈だと思います。

人間がつくるものは非常に合理的になります。

密集は合理的なんです。

余白がないわけですから。

その余白のなさとの相性が非常に悪いのが、今回のウイルスですね。

特に第三次産業主導の現在 = 仕事はコミュニケーションから生まれる

という時代なので、コミュニケーションが媒介になってしまうウイルスは相性最悪です。

そういう都市的な仕事や生活に抱えるストレスを発散するために人間が求めるものは、飲食を伴うコミュニケーションだったりします。

今の社会は、昔とは違い、社会という塊が大人数で構成されています。

私の知人が何百人いるか知りませんが、その知人の知人はほとんど知らないと思います。

昔の社会ではそんなことありえなかったでしょう。

インターネットの図じゃないですが、どこかで知らない誰かとつながっている、それが現代社会なのでしょう。

[まとめ]

そんな感じで幼き頃から、社会に理不尽さを感じ、そんな社会でいい子ちゃんにできない自分は生きる価値なしのカスという自覚のもと生存してきましたが、起業してもうすぐ丸9年、一応私にも社会的な役割や他の人にはできないことがあるみたいで、どうにかこうにか生かさせてもらっています。

私がずっと嫌いだった社会は変わることなく、相変わらず自分がよければそれでいいの重なりで構成されています。

前回の緊急事態宣言時はスクールも登校する方もかなり減っていましたが、今回は皆さんもきちんとした知識の中、受講してくださっているのだと思います。

スクールも除菌と換気、加湿の徹底と生徒の入学制限という形で対応させていただいており、信用していただいているのかと自負しております。

そんな感じで、ある事象というフィルタを通すと物事の見え方がよりクリアになったり、いろんな見え方をするなーというお話でした。

お粗末。

  • archive

[ about ]

画像:ブログの著者:坂元剛

このブログについて

代表の脳内を大公開。思ったことを思ったまんまに書き殴るタイプのブログです。子どもの頃から基本的にフザケてたら、社長になってたり、40越えてたり、パパになってたりしてた人間の駄文です。

ページのトップに戻る