Blog代表のブログ

集中してないのか、集中しているのか

2021.5.10

国民総SNS時代とも言うべき時代の中、いまだにブログを更新している人。

そう、馬鹿にされても強く生きていこうと思います。

私と辻ちゃん(ミニモニの方)だけは!!

ということで、本日も張り切っていきます。

私にいろんなことを教えてくれる息子君との日々ですが、なかなかお片付けができません。

途中でテレビに集中しちゃったり、片付けようとしているおもちゃで再び集中して遊び始めてしまいます。

晩御飯の用意をしているママさん、お怒りです。

「なんで、お片付けに集中しないの!?」

さて、この場合、息子君は集中していないのでしょうか?

大人にはマネできないぐらいのすごい集中力を発揮しています。

テレビやおもちゃ遊びに。

「自分が興味があるもの」

「自分がやりたいこと」

には、狂人的な集中力を発揮しています。

好きなことには勝手に集中してしまい、やりたくないこと、やらされていることには集中できない息子君がいます。

「好きこそ、物の上手なれ」

です。

さて。

私、スポーツを長いことしていたわけですが、

「無」

を意識してました。

「勝ちたい」

という気持ちは、仕事で疲れた時に練習に向かう時とかには必要なモチベーションですが、試合中に勝ちたくないわけがないです。

少なくても私の場合は。

どう思おうが自分の手足が長くなったり、筋肉量が増えたり、IQが高くなったりはしないわけです。

試合中は絶えずたくさんの情報を収集しないといけません。

残り時間、点差、味方ひとりひとりの位置、相手ひとりひとりの位置、相手ひとりひとりの能力、相手の戦術、味方の体力、相手の体力、コートの広さ、コートの滑り具合、審判の能力や性格、味方ベンチの雰囲気、相手ベンチの雰囲気。

それらと自分や味方の能力から絶えず計算しながら、絶えず次の起こりうる場面を想定し、準備をしておかないといけません。

極力

「ぼーっと見る」

ことを意識してました。

360度、どうなってるか情報を収集しないといけません。

もちろんほっとんどは視覚情報ですが、相手や自軍の雰囲気は耳からも入ってきたりします。

疲労具合も耳からも収集できます。

床や氷の滑り具合を足の触感から収集したりもします。

自分が「無」でないと、そんなにたくさんの情報を処理できないはずです。

その状態が本当の意味で

「集中している」

状態なのでは?と思います。

力みはカラダのスムーズな動きを阻害します。

脳も力んだり、焦ったりしても視野が狭くなるだけで、ろくな結果にならないのではないでしょうか。

どうやったら、息子君がお片付けをやってくれるか?を自分なりに考えてみると

・「片付け = 楽しい」 にできないか?

・歯磨きやおしっこのように「片付けないと気持ち悪い」 という習慣にできないか?

・「世界侵略を企む悪の組織から、主人公がお片付けを武器にして地球の平和を守る戦隊ヒーロー」が始まらないか?

ああ、乏しすぎる我が脳みそでは息子君を守れそうにもないです。

そもそも、私がお片付けは苦手なので(データの整理とかは細かい方かと思うので、やりたくないことへの意思表示がしっかりしているだけかと)、逆にお片付けをできる人を理解できなかったりはします。

おしまい。

  • archive

[ about ]

画像:ブログの著者:坂元剛

このブログについて

代表の脳内を大公開。思ったことを思ったまんまに書き殴るタイプのブログです。子どもの頃から基本的にフザケてたら、社長になってたり、40越えてたり、パパになってたりしてた人間の駄文です。

ページのトップに戻る