Blog代表のブログ

画伯

2021.5.31

放置。

我が家の教育方針。

文字やら数字やら時間やらに興味を持つように家に置いたりとかはしてますが、基本放置。

放置してたら勝手にいろいろ考えて、ずっと遊んでます。

誰よりもクリエイティブ。

そんな我が息子君、夜になったら絵を描きたくなるみたいです。

いつも仕事を終えて、家族はすでに寝てる家に帰ると、私の布団の上に絵が何枚か置いています。

ウーパールーパーみたいな生き物、ケンドーナガサキ風の人らしき絵、ひじきみたいなもの、腕力を振り絞って書いたと思われる自分の名前。

絵のタッチで我が家の画伯の絵とわかります。

親なので、あんなに小いちゃくてあーうー言ってた子が、絵を描けるようになったことにも感動しますし、頭で描いたイメージをアウトプットしていることにも感動します。

たぶん、絵を描いてる時間は楽しいから、自主的に絵を描いて、プレゼントしてくれます。

楽しくて楽しくて仕方ないんだろうし、私が喜ぶのも嬉しいのかもしれません。(うまく喜べている気はしませんが…)

「絵を描くのが楽しい」

「楽しいから描く」

日々、何かを目指しデザインを学ぶ方々と接しています。

私も皆さんの目標にアプローチできるようにいろんな課題を用意しますが、本当は

「こんなん作ってみたいな」

「こんな風に作ったらかっこええんちゃうん」

「誰かを喜ばせたいな」

みたいな思いで、どんどん何かをつくっていって欲しいなって思っています。

こどもは余計なことは考えず、自分の心にピュアです。

デザインしたり、何かをつくりたいという気持ちが

「就職のため」

「仕事のため」

ってなってるから、楽しめなかったりするのかな?とか息子君を通して思わされたりします。

方法論としてのデザインじゃなくて、単純にデザインしたいからデザインする、何かををつくりたいからつくる人の方が絶対にいいものをつくれると思います。

楽しそうにつくったものは、ひと目でわかります。

楽しかったら勝手にする。

そういう単純なことを息子君はいつも教えてくれます。

  • archive

[ about ]

画像:ブログの著者:坂元剛

このブログについて

代表の脳内を大公開。思ったことを思ったまんまに書き殴るタイプのブログです。子どもの頃から基本的にフザケてたら、社長になってたり、40越えてたり、パパになってたりしてた人間の駄文です。

ページのトップに戻る