Blog代表のブログ

アンチテーゼ

2021.7.30

少々、賞味期限切れなネタかもですが。

ミュージシャン小山田圭吾氏が、過去のいじめ問題から開会式の演出から辞任しました。

いじめの内容は、本人が雑誌で語ったとされることが全て真実であれば、言語道断であり、人としての彼を一切認めないという評価はごくごく当たり前な人としての感情だと思います。

また、いじめられた当事者の方々の気持ちを思うと、再度蒸し返されて、屈辱がフラッシュバックしてしまうのではないか、それはいかがなものだろう、と思いました。

こうやってテーマとして上げてる私も同罪なのかもですが、結局メディアを代表とする国民揃ってデリカシーがないです。

さて。

いじめ問題は言語道断として

・なぜ、小山田氏はそんなことを公に発言したのか?(表舞台に立つ人間として、公にして得することではない)
・なぜ、出版社は隠さずにそれを掲載したか?(雑誌の価値を下げる内容以外の何物でもない)

その界隈に詳しくない私の推測なので悪しからずです。

両者共通のテーマとして「アンチ社会」「アンチ大衆」があったのではないか、と。

アンチ社会なわけですから、いかに自分が社会的な常識から程遠い人間であるかをアピールしないといけない。

そうやって、

「俺たちは社会からは認められない存在」
「俺たちを評価できない社会はクソ」

な思いが、そういう人として本当にクソなことを自慢させちゃったんじゃないでしょうか?

小山田氏は小沢健二とフリッパーズ・ギターを組んで、解散し、解散後小沢健二が一般的には大ブレイクしました。

小山田氏は音楽好きな友人の方々が高い評価をしていましたが、メジャーというわけではなく、現在の両者への評価を考えると、正当な評価をしない、単なるCMソング、ドラマの主題歌等、よく聴くから流行り、いい音楽であるという社会への苛立ちは相当なんじゃないかなって思います。

今の私自身が他のデザインスクールや、サロン、セミナーとかと同列にされる、もしくは下に見られることに、アホくささを感じてるところもあり、「そういう気分にもなるやろなー」とは思わないこともないです。

完全に矛先を間違ってるんですけどね。

20何年後に、流行は去り、自分が実力者として評価されるようになったときに、社会にスネて悪ぶった自分がブーメランのように返ってくる。

いろんなことを考えさせる出来事だったなと思いつつ、呑気に日本代表選手を応援してます。

  • archive

[ about ]

画像:ブログの著者:坂元剛

このブログについて

代表の脳内を大公開。思ったことを思ったまんまに書き殴るタイプのブログです。子どもの頃から基本的にフザケてたら、社長になってたり、40越えてたり、パパになってたりしてた人間の駄文です。

ページのトップに戻る