Blog代表のブログ

主導権

2021.8.17

息子くん倒れる

たぶん、私はいつも楽しそうだと思うのです。

自分ではどう見られてるかわかりませんが、胸を張ってルンルンしながら生きてるんちゃうかな、と。

槇原敬之的な言語センスが私にあれば、「僕の背中は自分が思うより正直かい?どう?どう?正直?ぶっちゃけどう?」としつこく聞きまくり、かえってご迷惑をおかけしてしまう気もします。

5月18日生まれつながりで、いちいちポエムなんです。

あ、デザイナーになりたい方は槇原敬之とブルーハーツの歌詞を分析してみてください。

人間が抱える惑いを、日常のものを利用して、伝える能力。

永遠に叶いっこないかもしれませんが、一生かけても何かをつくる人間として追っかけていかないといけない何かです。

と、イキってみたところで本題に入ります。

「人生の主導権を持つと、毎日楽しくてラクだよ」

というメッセージを、学校運営のどっかに込めています。

生きることに意味感じてるのたぶん人間だけです。

生物は「生きる物」なので、生きないといけないわけです。

生きないといけないわけです。(2回言った)

我45歳。

思い描いてた何億倍も人生楽しいです。

スクールの教室に通ってる方で本棚を見た方はわかるかもしれませんが、私マーケッターの森岡毅さんが大好きで。

憧れで。

「自分の力がどれだけ通用するか、違うビジネスにもチャレンジしたいな―」

と思わせてくださる神みたいな方です。

そんな森岡さんが

「眠れない夜はしょっちゅうです」

って言ってました。

それだけスケールも責任も大きいもの背負っていらっしゃるんでしょうね。

私は日々熟睡。

疲れてなさすぎて寝れない夜は最近ありますが…。

とりあえず、日々楽しく過ごすには

「自分が人生の主導権を持つ」

ことだと思います。

「掛け替えのない存在」

になればいいのです。

私はウルトラニッチな場所に出会えたので、自分の代わりが見当たらないので、そういう面でメンタルは楽です。

天才君たちが後からやってきたら困るので、今の間にうんと差を付けておこうな毎日です。

たぶん、結構いろんなものを見て、いろんなことを考えています。

みなさんが将来社会の中でどのような役割を担っていくかはわかりませんが

「掛け替えのない存在」

になれば、自分が優位に立てます。

「掛け替えのある存在」

すなわち、代わりがいくらでもいる存在だと、我慢や無理を強いられるんだと思います。

目の前のことを全力で期待以上に。

その積み重ねが

「掛け替えのない存在」

に導き、人生に主導権を与えてくれるんじゃないでしょうか。

  • archive

[ about ]

画像:ブログの著者:坂元剛

このブログについて

代表の脳内を大公開。思ったことを思ったまんまに書き殴るタイプのブログです。子どもの頃から基本的にフザケてたら、社長になってたり、40越えてたり、パパになってたりしてた人間の駄文です。

ページのトップに戻る