Blog代表のブログ

不安と好奇心

2021.9.6

不安。

生きてる限りはサイコパスでもない限り、不安を抱えてるものです。

じゃ、なぜ不安になるのか?

それは未知なるものに対して

「どうなるかわからない状態で、自分にとってマイナスの出来事があるのではないか?」

「負のイメージを思い描いてしまうから」

ですよね。

私達はヒトの中のホモ・サピエンスという種族です。

ヒト科にも多くの種族がいたらしいのですが、ホモ・サピエンスだけが生き残った、と。

「ホモ・サピエンスの特性が、生存してく上で必要なことを備えていた」

ということだと思うのですが、その特性のうちの代表的なものの一つが

「ビビり症」

です。

すなわち、何か未知なるものに遭遇した時に不安になってしまうのは、ホモ・サピエンスらしいごくごく正常の感情なんです。

ただ、そこの度合いの部分で苦しんでる方々をたくさん見ます。
(必要以上に不安になってしまう等)

「そういう方のお力になれることがないのかな?」

そんなことも自分の人生のテーマの一つだったりします。

特に私達みたいな何かをつくる仕事は、どんな結果が出るかは基本的に未知です。

不安が強すぎると自分がつくったものを世に出せなかったり、そもそも作り出すことすら困難かもしれません。

では、どうすればいいのか。

「どうなるかわからない = 不安」

から

「どうなるかわからない = ワクワク」

に変えたらいいのです。

好奇心に変えようということです。

結果がわかっているくじ引きなんて、全く楽しくありません。

未知なる世界は、自分の世界をより大きくしてくれることが多々あります。

自分の景色が、そして自分がどう変わっていくか?をワクワクしながら迎えればいいのです。

スクール業がメインになって、昔に比べて、より個人の方との接点が増えました。

いろんな人がいる中で、「うまくいってそうな人」と「苦しんでそうな人」の差は、未知という同じ事象に対し、「不安」を抱くか「好奇心」を抱くかなのじゃないかな?とか思ってます。

自分の日々を楽しくするのも苦しくするのも自分自身じゃないのかな、と思う日々です。

  • archive

[ about ]

画像:ブログの著者:坂元剛

このブログについて

代表の脳内を大公開。思ったことを思ったまんまに書き殴るタイプのブログです。子どもの頃から基本的にフザケてたら、社長になってたり、40越えてたり、パパになってたりしてた人間の駄文です。

ページのトップに戻る