Blog代表のブログ

分かれ道

2021.10.14

Illustratorを駆使する5歳児

我が息子君が来年から小学生に。

早い。

その分だけ自分の顔がシルベスター・スタローンに近づいたと考えると切ないですが。

なんか我が地区は小学校を近所の数校から選べるのですが、その結果、ブランド化したマンモス校と少人数な小学校に分かれておりまして。

実際に入学する本人を含めた家族3人でいろいろ考えて、少人数な小学校への進学することに。

そんな感じで本日入学説明会というものに行ってまいりました。

パパ業やってます。

他にも数組ご参加されてる方々がいてたので、「1年生は坂元君ひとり」という状態は避けれそうで、ホッ。

今日の説明会をお聞きしたり、Webサイトを拝見したりしている限り、生徒数は少なくても、楽しそうで熱心な小学校で。

授業によっては学年をまたいだ授業になるらしいんですが、あえてそういう教育を行っている学校もあるぐらいなので(そういう学校に入るために引っ越すことも考えたぐらいなので)、少人数ゆえの素敵な教育環境なのではないか、と。

たまたま私のお仕事は教える業ですし、高校の先生をやらせてもらった経験もあり。

1対1でも必死のパッチで伝わる言葉や方法を探しまくる日々なのに、それが1対40とかになると、ある程度はできる子やできない子は放っておかないといけません。

本当は高額なお金を払って私立の学校で学ばせないといけないことを、無料で公立で学べる。

素敵。

ラッキー。

「少人数だと社会性が身に付かない」

「数が多い方が自分と気が合う友達が見つかりやすい」

「イジめられたら大変」

何かあったら、その時はその時。

やる前から負けること考えるバカいるか。

と、私の中の猪木イズムが燃え盛るわけです。

私は逆にブランド小学校卒なのですが、小6になるとみんな入試のために塾に行ってしまい、遊び相手がいなくなるという。

「ブランド校という考えが無理」

という私の思いもあり。

しょうもない。

頑張って塾行って、私立の中学行った同級生くんたちは、みんな私より幸せな人生を歩んでいるのか?

知らない。

付き合いないし。

人生はそんなことで決まらない。

人と違うことやってた方が、それが個性になったり、強みになったりすることの方が経験上多いです。

人と同じことはいつでもできるし、やらなくてもだいたい想像できる。

親ガチャガチャとか言いますが、こんな親のもとに生まれてしまって申し訳ないけど、人生自分次第。

楽しんで生きてってくださいな。

というパパからのメッセージでした。

  • archive

[ about ]

画像:ブログの著者:坂元剛

このブログについて

代表の脳内を大公開。思ったことを思ったまんまに書き殴るタイプのブログです。子どもの頃から基本的にフザケてたら、社長になってたり、40越えてたり、パパになってたりしてた人間の駄文です。

ページのトップに戻る