Blog代表のブログ

2021年のデザインスクール・Webデザインスクール

2021.10.20

竹内涼真じゃないよ

現場からレポートです。

コロナ後、皆さん遊びにも飲みにも行けず、部屋で過ごす時間が増えました。

倒産する企業、解雇される方々をリアルに見た影響なのか、自分の将来のことを真剣に考え、「手に職を」と考える人が増えました。

ステイホームを強いられている間に

「仕事は家でできるものものある」

「家でできる仕事をしたい」

という考えを持った方も多いみたいです。

そういう背景から、昨年夏ごろから一気に

「Webデザイナーになりたい」

という方が増えました。

それに伴い

・オンライン型スクールの乱立
・大手スクールも負けじと広告や嘘ランキングサイト・嘘ブログ合戦に参加
・おそらく業界経験がない or 浅いフリーのデザイナーがオンラインスクール開校(情報商材型ビジネス)
・オンラインサロンの乱立

という自体になりました。

「オンライン型スクール」「大手スクール」共に動画学習がメインとなります。
トータル時間のうちの何時間かはメンターと呼ばれる講師がついたりするみたいです。

「長時間労働」が代名詞的に言われれる業界でもありますから、「ばりばりデザイン制作してるけど、低時給でメンターをする時間があります!!」な人は、たぶんいないだろうと思われます。
たまたま「どうしても講師をやってみたい」という特別な思いでもない限り、制作業務がないからメンターを行ってると考えるのが妥当ではないでしょうか。

これは教室制の授業を行っているところも同じことが言えると思います。

そして、情報商材型スクール。
講師の経験、レベル。

「デザインやWebを教える講師としての能力が高い」なら何も問題はないです。
「生徒の皆様をそれぞれが目指すゴールに導く」なら何も問題はないです。

問題なのは、この手のところは、
「3ヶ月でプロのWebデザイナーに!!」
「フリーランスになって、初月から月70万円稼ぎました!!」
「ママでもできる!!」

キラキラさせながら。
わざわざ近郊の都心のホテルの最上階の部屋に泊まり、黄色みの強いレストランで食事をして、いちいちInstagramのストーリーにUPする。

その生活レベルとデザインが全く比例していない。

この手のスクールが成立するのは、デザイン業界の人間でもなければ、いいデザインとそうじゃないデザインの見分けがつかないからですね。

さらに問題が深刻化するのは大手スクールも追随して、さらに過激な広告を出すから収集がつかなくなっている、と。

そんな中、調べれば調べるほど

「誰を信じればいいのやら…」

な方が増える。

そこで、

「初学者の皆さま安心してください!!私のサロンでは初学者に有益な情報を提供し、お仕事も提供します」

なオンラインサロンが増える。

承認欲求なのか、安易な金儲けなのか。

そして、くすぐられる属性欲求。

でも、本当に業務に忙しい方がビッチリ初学者の方にアドバイスをできるでしょうか?

その金額で(月○千円?) 。

うちは私がカタログやら雑誌やらを10年ほど会社員として作ってて、起業したらスクールに生徒が殺到し「制作の片手間ではできない。それはどういう仕事かと考えると無責任。」と判断して、デザインスクール業をメインでやっていくというスクール。

スクール業務を10年しているので、当然教える側としても成長しています。

どうしても、「本」という業務に特化してきた会社員時代だったので知識や経験に偏りはありましたが、そこはこの10年でWebも単ページもお教えできるように研鑽してきました。

という側から見ると、業界の信用を失うような今の事態は迷惑です。

今まで、うちで学べていた方々が、広告やキラキラに誘導されて、そっちに移ってしまう。

その後どうなってしまうんでしょう。

いい評判を聞いたことはありません…。

というような感じで、どちらにしてもデザインのお仕事をしたいのなら、情報を収集して、透察して、本質を見抜く力が必要にはなりますし、そういう方に選んでもらえているとは考えいています。

私自身は「ライバルにはなりえないスクールの乱立」と考えているので、うちのスクールは従来通り、しっかりデザインを学び、自らデザインできる人材を育成し、未来の業界を支えてくださるように導くだけです。

普段は脳内に浮かんだ疑問や仮説を書いてるのですが、たまにはこういうお話も。

って、今の人ってブログなんか読まないんですよ!!!!!!!!!!!

おわり。

  • archive

[ about ]

画像:ブログの著者:坂元剛

このブログについて

代表の脳内を大公開。思ったことを思ったまんまに書き殴るタイプのブログです。子どもの頃から基本的にフザケてたら、社長になってたり、40越えてたり、パパになってたりしてた人間の駄文です。

ページのトップに戻る