Blog代表のブログ

デザインの授業で最初にお話すること

2021.12.6

Illustrator、Photoshop、Webコーディングが一通り終わったら、デザインの授業。

最初にお話することは

「そもそもデザインって何?」

です。

Google翻訳、坂元大好きDeepLで翻訳してみると

「設計」

って、出てきます。

では、設計って何でしょう?

生徒の方が思う「設計」を言葉にしていただいてから、

「考えて作るってこと」

と、私は考えてますってお伝えします。

「人が考えて作ったもの = デザインされたもの」

と考えると、都会に住んでる限り、あなたの周りはほぼデザインされたものの中に住んでるということをお伝えします。

そして、人が考えて作るということは、全てに意志があり、意味があるということをお伝えします。

そして、それはモノだけではなく、コト(事象、体験)にもあてはまるというお話をします。

「デザインを考えるということは、自分たちが生きている社会を考えることでもあるんです」

「では、身の回りにある形で一番多い形は何でしょう?」

「し、しかくですか?」

「そうです。四角、長方形です。人がデザインするとなぜか長方形になるんです。なぜでしょう?」

答えられる人はほぼいません。

自分の身の回りがデザインで構成されていることにすら、気づかずにデザイナーを目指しているというパラドックス。

いいのです。

スタートラインは皆同じです。

大人になると、四角い理由、丸い理由等々、無関心になっていきます。

全ては「そういうもんだから」と結論づけてたら、ラクに生きていけます。

でも、私達のお仕事は考える仕事です。

私がお教えできるのは紙媒体やWebデザイン等の一部広告のデザインです。

人が何かをつくるときには意図があります。

それを一つ一つ紐解いていき、自分自身で具現化していける力を身に付けていく場所。

「デザインを教えます」

な方や場所が増えて、みなさんいろんなことを仰ってますが、私はこういうところから物事を考えていく人間です。

そんな私が講師を務めるスクールでよろしければ、皆さんのお越しをお待ちしております。

私のリアルなお仕事は学校をデザインし、授業をデザインし、生徒のゴールまでの道筋をデザインするというお仕事です。

長年、広告を考えて作ってきた経験、自分自身がどうありたいか考えて作ってきた経験をベースに新たな“デザイン“にチャレンジする日々です。

デザインが自分に生きていくチャンスを与えてくれたので、それを一人でも多くの方に伝えられればと思いながら生きとります。

  • archive

[ about ]

画像:ブログの著者:坂元剛

このブログについて

代表の脳内を大公開。思ったことを思ったまんまに書き殴るタイプのブログです。子どもの頃から基本的にフザケてたら、社長になってたり、40越えてたり、パパになってたりしてた人間の駄文です。

ページのトップに戻る